代表者挨拶

株式会社すまいるコンシェルの代表挨拶と、
資格・経歴などをご紹介いたします。

地主・家主さんを幸せにする不動産の専門家として

不動産賃貸業を取り巻く環境から見て、この業界はこれまで以上に法律に着目して行動しなければなりません。

株式会社すまいるコンシェルのホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

私は、父が不動産賃貸業を営んでいるという理由から、不動産業界に興味を持ち、(株)日立製作所退職後は校條ビルディング(株)で働くことになりました。
不労所得といわれる賃貸経営ですが、地方都市で生き残っていくには相当なアイデアが必要だと感じ、情報収集に明け暮れました。
宅地建物取引業、保険代理店、家賃保証代理店、24時間緊急駆付けサービス、インターネット取次店など、新しいものを取り入れ古いものを捨てることに成功し、私は家業を盛り立てました。

校條ビルディング(株)に入ることにより安心安定を得られ私は幸せでしたが、2005年ごろから物足りなさを感じるようになりました。
「独自性を発揮して世間に認められたい、自分の可能性を試したい、もっと何かできるはず」
そしてふと目にとまったのが「マンション管理士」という資格でした。この資格を取得すれば 望み通り「なりたい自分になれる」という保証はありませんでしたが「これだ!」と思い一念発起しました。
ところが現実は厳しく、子育て・勉強・仕事という三足のわらじ。子供たちはまだ幼く手がかかりました。シングルマザーの私は父親役も務めなくてはなりませんでした。辛い毎日でした。何度もくじけそうになりましたが、私の信念は揺らぎませんでした。

マンション管理士の資格取得は私の人生を変えました。

 

あの時の強い信念がなければ、今の私はなかったと思います。「マンション管理組合」とは無縁の人生だったでしょう。
しかしマンション管理士の資格を取得したところでビジネスに発展することは難しく試行錯誤の日々が続きました。
そんな中、チャンスが訪れ、(公財)マンション管理センターの相談員として採用されました。

数えきれないほど多くの管理組合と関わりを持ちました。実に多様な管理組合の実態を知りました。ここで得た知識と経験は生涯の宝です。
(公財)マンション管理センター退職後、師匠と呼べるT氏との出会いも幸運な出来事でした。
今ではいくつかの管理組合から顧問契約をいただくようになり、現在のコンサルティングビジネスにたどりつきました。

 

「マンションは管理を買え」と言われるように大切な資産を守っていくには、管理は重要です。

 

マンション管理は管理会社がやってくれるものと思っている居住者が大半ですが、管理会社は管理組合から管理業務を委託されているに過ぎません。
管理の主体は「管理組合」であることを忘れないでください。
マンションの管理は、建物ハード面に加えて「共同住宅」と「区分所有」という形式をきっかけとする「権利」「利用」関係の複雑さが原因となり、トラブルが発生します。

私は、マンションの管理を管理組合の立場でチェックし、管理組合が主体性を持った適正な管理を行うためのお手伝いをいたします。管理組合役員の交代があっても心労負担が軽く、継続性のある管理組合運営ができるよう皆様と一緒にマンション管理士の知識をもってサポートいたします。
そして、皆様が「このマンションに住み続けたい」と思っていただけるよう精一杯取り組んでまいります。

 

老人ホーム建設をきっかけに株式会社すまいるコンシェルを設立いたしました。

 

話は不動産業に戻りますが、自分に自信がついたこともあり、老人ホーム建設をきっかけに2012年 株式会社すまいるコンシェルを設立いたしました。
振り返れば、不動産業界に携わり20年を超えました。その間、数々の業務に携わりました。仲介(売買、賃貸)業、賃貸管理業、リノベーション、

土地有効活用提案、不動産・相続コンサルティング事業etc.地主・家主さんへの営業も行ってきました。マンションの空室対策、土地有効活用、不動産・相続の問題解決は、専門知識・経験、コンサルティング能力が必要です。今後も、地主・家主さんを幸せにする不動産の専門家として精進してまいります。

 

一昔前と違って、今は入居者も権利を主張する時代です。

 

このような経緯で現在に至りますが、ふと周りを見渡すと、「原状回復トラブル」「家賃滞納」etc. 最近でも不動産賃貸業をめぐるトラブルが増えています。
一昔前と違って入居者も権利を主張する時代になり日々その加速を実感しております。
管理会社やオーナー様にとって先行きは明るいと言えるでしょうか。裁判所は貸主、管理会社側に厳格な判決を言い渡し、国土交通省も貸主、管理会社、保証会社に対して規制を強化しつつあります。

不動産賃貸業を取り巻く環境から見て、この業界はこれまで以上に法律に着目して行動しなければなりません。
私はトラブル予防策を絶えず考え、不運にも起きてしまったトラブルから皆様を守ります。 安心して賃貸管理に取り組んでいただくために、私たち株式会社すまいるコンシェルは「賃貸不動産の管理」をサポートします。
今後さらに多様化する入居者様のニーズに対応できるノウハウを身につけ、賃貸事業の安定経営、さらにはオーナー様の資産の極大化をはかれるよう誠心誠意取り組んでまいります。

株式会社 すまいるコンシェル 代表取締役

校條 友紀子 めんじょう ゆきこ

 

資格

取得資格

マンション管理士

管理業務主任者

宅地建物取引士

日商簿記検定3級

相続支援コンサルタント

 

経歴

1984年

金城学院中学校卒

1987年

金城学院高等学校卒

1991年

金城学院大学卒

1991年~1993年

株式会社 日立製作所 情報システム開発本部(情報・通信システム)

1993年~現在

校條ビルディング株式会社 取締役

2010年~2012年

(公財)マンション管理センター(相談員として勤務)

2012年~現在

株式会社 すまいるコンシェル 代表取締役

 

所属

所属団体

(一社)愛知県マンション管理士会

(公財)日本賃貸住宅管理協会

 

株式会社 すまいるコンシェル 代表取締役 校條 友紀子