NEWS

株式会社すまいるコンシェルからのお知らせと、
日々の業務などを紹介しています。

新築が大好きな日本人にとって「定礎石」はどうよ?!

2018/01/07

自分の生年月日プレートを毎日首から下げて歩きますか?

私(校條友紀子)は嫌です(笑) 

ビルやマンションに「定礎」と書かれた石や金属製プレートが埋め込まれています。

これは、礎(いしずえ)を定めるという意味があり、

建物の入口周辺に「定礎」(ていそ)の文字と建築年月日を入れるのが一般的です。

また多く場合、定礎石の奥には、「定礎箱」と呼ばれる箱が埋め込まれており、

その定礎箱の中には、施工者や建築図面、当日の新聞記事、通貨などが入っています。

この箱はタイムカプセル同様に普段取り出すことは出来ません。

写真 2018-01-01 13 16 09

 

 

 

 

 

 

 

築年数は浅いほど借主・買主に人気があります。

驚くほどのリノベーションがなされていれば話は別ですが、

日本人の文化において「築年数の経過」は物件価値に大きなダメージを与えます。

日本人は「新築」が大好きでたまらないのです。

 

築年月は決して誤魔化すことはできません。

誤魔化したら違法ですからそこはご安心ください。

築年月は、誰にでも簡単に調べることができます。

しかし、しかしですよ💦

聞かれもしないのにわざわざ言う??

築年月を玄関で公言しなくていいのでは?!と思うのです。

 

「あ~この物件、意外に古いんだ・・・」と思われてしまうより、

そっとしておいてはどうでしょうか。

本当に知りたい人は調べるでしょうし、

聞かれたときだけ感じよく答えればいいのではないでしょうか。

 

といわけで、私は定礎の上に募集看板を重ねます。

   ↓

写真 2018-01-01 13 55 22

 

 

 

 

 

 

注:大家さんの同意を得てくださいね!

ルン!

カテゴリー: ブログ