NEWS

株式会社すまいるコンシェルからのお知らせと、
日々の業務などを紹介しています。

原状回復工事って絶対しなきゃいけないの?さぁ!大家はどうする?

2016/12/17

退去立会いの経験を言えば、数百件でしょうか。

まだ1,000件には届きませんがいずれ達成することでしょう。

最後の締め(退去精算)は大家にとって重大です。

「退去精算」も時代の潮流に乗るため常に変化が必要です。

%e4%ba%8b%e6%95%85%e5%a0%b1%e5%91%8a3

 

 

 

 

 

 

 

 

入居者が傷をつけてしまい、大家は修理費用を請求しますよね。すると

「本当に修理するの?どうせしないんでしょ?

修理したかどうか確認してから支払うよ」

と主張されるケースがあります。

この場合、大家はどうすべきか?!

 

大家がその設備を修理しようがしまいが、自由なのです。

原状回復の費用は、

入居者の過失による部分を金銭で補償するものです。

例えば、修理費用受領後、大家はその傷を修理せず次の入居者に貸しても問題ないのです。

(故障ではなくこの場合は傷です)

ですから、この旨説明し、堂々と請求しましょう

%e4%ba%8b%e6%95%85%e5%a0%b1%e5%91%8a1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、レストランでウエイターが私のスカートに赤ワインをこぼしたとします。

お店は「クリーニング代」を支払うことになります。

そのときお店が私に「本当にクリーニングに出すんですか?出さないでしょ。

クリーニングに出したか確認できてから弁償します」と言われるのと同じです。

ご理解いただけましたか?

 

よく似たパターンを言うと、

退去者の「知り合いがリフォーム業者だから、自ら原状回復工事をしたい」と主張されます。さぁ、大家としてどうするか?

また次回以降書きます。

カテゴリー: ブログ